スマホを使っていると、電池の持ちが悪くなったと感じている方も多いかもしれませんが、それは普段何気なくやっている行為が原因だと言われていますよ。

スマホは、バッテリーの寿命が1年から2年ほどだという事ですが、普段の使い方を気をつけると多少伸ばせるのだそうです。

寝る前に充電コードをセッティングして朝まで充電するという行為は、満タンになっている状態が長時間続いている過充電という状態になっているため、バッテリー劣化の原因なのですが、新しいスマホは過充電防止機能が備わっているそうですよ。

充電を満タンにするまで待ちきれなくて、充電しながらスマホを操作しているという方もいるかもしれませんが、これもバッテリーに負荷をかけてしまいますので注意が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です